女流義太夫演奏会 7月公演
名優の当たり役 五代目松本幸四郎(鼻高幸四郎)

開催日 
2022/7/16  
(18時開場)18時30分開演
会 場 
国立演芸場  
入場料 
各3,000円
会員・学生・障がい者手帳をお持ちの方 2,000円
*定員になり次第締め切ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

出演・演目

お話     鈴木英一(常磐津和英太夫)

仮名手本忠臣蔵 殿中刃傷の段
       浄瑠璃 竹本越孝
       三味線 鶴澤寛也

義経千本桜 すしやの段
       浄瑠璃 竹本友和嘉
       三味線 鶴澤友勇

菅原伝授手習鑑 車曳の段
       梅王丸 竹本京之助
       松王丸 竹本越里
       桜 丸 竹本駒佳
       杉王丸 竹本寿々女
       時 平 竹本綾一
       三味線 鶴澤賀寿

主催

一般社団法人 義太夫協会/義太夫節保存会

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

後援

公益財団法人 日本伝統文化振興財団

お問い合わせ

一般社団法人義太夫協会
TEL:03-6265-1880
メール:email hidden; JavaScript is required
ホームページ:http://www.gidayu.or.jp/

予約受付

2022年6月17日(金)10:30より(10:30より前のメールは無効とさせて頂きますのでご注意ください)

公演目的・ひとこと

7月公演は江戸時代に活躍した五代目松本幸四郎をとりあげます。
歌舞伎研究者でもあり、常磐津の太夫でもある、鈴木英一氏のわかりやすいお話とともに、数多くの当たり役の中から三大浄瑠璃を取り上げ、「師直」「権太」「松王丸」にスポットをあててお送りします。