令和2年度 文化庁芸術祭 参加公演

下野戸亜弓 現代箏曲の世界

開催日 
2020/10/15  
①(15時30分 開場)16時 開演/②(18時30分 開場)19時 開演(2回公演)
会 場 
トーキョーコンサーツ・ラボ  
入場料 
3,000円
※入場者50名限定・後日有料配信
このエントリーをはてなブックマークに追加

出演

下野戸亜弓(箏・三絃・歌) 石川高(笙)

曲目

いつしかと君にと思いし/月読三歌・藻塩二歌(「植物文様琴歌集」より)/黄連雀/みづとり

主催

下野戸亜弓

後援

(有)邦楽ジャーナル/公益財団法人 日本伝統文化振興財団

お問い合わせ

東京コンサーツ
電話:03-3200-9755

チケットお申込Webサイト

tocon20201015.peatix.com
※ご来場、またはオンラインでの動画配信

関連サイト

shimonoto.jp/

公演目的・ひとこと

箏曲演奏家・箏歌アーティストの下野戸亜弓が、笙奏者の石川高氏を迎えて、現代作曲家の作品に取り組む現代箏曲の世界。自らが現代今様として作曲した無伴奏歌曲「いつしかと君にと思いし」にはじまり、藤枝守氏の「植物文様琴歌集」から「月読三歌」「藻塩二歌」は今回のコラボのためにアレンジした作品を初演、武智由香氏の三絃・語りと笙による「黄連雀」、そして福士則夫氏の独奏曲「みづとり」。自作を交えた全4曲、作曲家のトークを交えながらお楽しみいただきます。