下野戸亜弓箏曲リサイタル 〜源氏物語の世界をうたう〜 <東京公演> しものとあゆみそうきょくりさいたる〜げんじものがたりのせかいをうたう〜 <とうきょうこうえん>

開催日 
2019/6/9  
(13時30分開場)14時開演
会 場 
紀尾井小ホール  
入場料 
このエントリーをはてなブックマークに追加

出演

下野戸亜弓(箏・歌・語り)・角田眞美(龍笛)・山登松和(三絃)・上村和香能(箏)・善養寺惠介(尺八)
藤本宗利(お話)

曲目

「源氏物語によせて〜花の宴〜」より乱輪舌(八橋検校作曲)
催馬楽貫河(芝祐靖復曲)
組歌花の宴(石塚検校作曲)
「葵の上」(山田検校作曲)

主催

下野戸亜弓箏の会

後援

(有)邦楽ジャーナル、下野戸亜弓後援会、公益財団法人 日本伝統文化振興財団

お問い合わせ

スタジオSAKURA tel&fax027-252-5120

関連サイト

shimonoto.jp/

公演目的・ひとこと

本公演は日本伝統音楽の魅力と、山田流箏曲の醍醐味を感じていただくことを目的とした演奏会で、「源氏物語」の中から「花宴」「葵」の巻を取り上げ、群馬大学教授藤本宗利氏のお話を交えながら「源氏物語」の世界へ誘うものである。