2019 正絃社 春の公演

開催日 
2019/4/20 〜21 
(13時30分開場)14時開演(両日とも)
会 場 
日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(名古屋市)  
入場料 
3,000円(全自由席)
このエントリーをはてなブックマークに追加

出演

ゲスト:葛西聖司(解説)、水野利彦(箏)、山村楽乃(地歌舞)、野村峰山・川村葵山・二代石垣征山(尺八) 他
出演:野村祐子はじめ正絃社会員 約300名

曲目

古典「越後獅子」、野村正峰作曲「松の双葉に」「鯱の城」、野村祐子作曲「古都絢爛」「ふるさとの風」、野村峰山作曲「飛騨の里」、野村幹人作曲「蒼き神殿」など

主催

箏曲正絃社

後援

愛知県、名古屋市、公益財団法人 名古屋市文化振興事業団、愛知芸術文化協会、公益財団法人 日本伝統文化振興財団

お問い合わせ

箏曲正絃社 電話052-241-2114 FAX052-241-2399

公演目的・ひとこと

日本の伝統楽器「箏・三絃・尺八」の古典から現代曲まで華やかに演奏し、伝統音楽を未来へ託します。日本の伝統文化、音楽芸術の普及振興に尽くしたく存じます。