女流義太夫演奏会 12月公演
仮名手本忠臣蔵初演から270年Ⅱ

開催日 
2018/12/15  
(13時開場)13時30分開演
会 場 
紀尾井小ホール  
入場料 
3,000円
会員・学生・障がい者手帳をお持ちの方 2,000円
全席自由
*当日券には限りがございますのでご予約をおすすめいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

演目・出演

仮名手本忠臣蔵
六段目「身売りの段」
  勘  平:竹本 越里
  お  軽:竹本 綾一
  一文字屋:竹本 京之助
  母   :竹本 越若
  三味線 :鶴澤 寛也

落 語 「中村仲蔵」 古今亭志ん輔

七段目「祇園一力茶屋の段」(監修:豊竹嶋太夫)
  由良之助:竹本 駒之助
  お  軽:竹本 綾之助
  平右衛門:竹本 越孝
  力  弥:竹本 佳之助
  重太郎 :竹本 土佐子
  弥五郎 :竹本 越京
  喜多八 :竹本 駒佳
  九太夫 :竹本土佐恵
  三味線 :鶴澤 津賀寿

主催

一般社団法人義太夫協会/義太夫節保存会

共催

社会福祉法人NHK厚生文化事業団

後援

公益財団法人 日本伝統文化振興財団

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)/独立行政法人日本芸術文化振興会
公益財団法人新日鉄住金文化財団

お問い合わせ

一般社団法人義太夫協会
TEL:03-6265-1880 メール:email hidden; JavaScript is required
ホームページ:www.gidayu.or.jp/

公演目的・ひとこと

今年は「仮名手本忠臣蔵」が寛延元年(1748年)に初演されてから270年ということで、11月、12月に渡って取り上げます。「仮名手本忠臣蔵」は、「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」とならび、三大名作と称されます。12月は古今亭志ん輔さんの落語「中村仲蔵」もお楽しみください。