女流義太夫Special Live vol.8

開催日 
2018年3月
24日(18:30開場 19:00開演
25日(13:30開場 14:00開演
26日(月)18:30開場 19:00開演
会 場 
神楽坂 THE GLEE  
入場料 
4,000円
このエントリーをはてなブックマークに追加

出演

浄瑠璃:竹本駒之助(人間国宝) 三味線:鶴澤津賀花

曲目

「源氏烏帽子折 伏見の里の段」

主催

鶴澤津賀花

後援

一般社団法人 義太夫協会、公益財団法人 日本伝統文化振興財団

お問い合わせ

鶴澤津賀花 email hidden; JavaScript is required

THE GLEE事務局
tel 03-5261-3124(平日10:00〜18:00) / mail email hidden; JavaScript is required

関連サイト

www.theglee.jp

公演目的・ひとこと

『源氏烏帽子折』は、元禄三年(1690)に大坂竹本座で初演(推定)、近松門左衛門作の時代物です。物語全体は源義経の伝説が元になっており、先行する幸若舞や能にも「烏帽子折」の作品があります。「伏見の里の段」は明治・昭和に上演記録がありますが、外題の書き方が様々で、同一曲であるかは定かではありません。
昭和35年新橋演舞場での、四代竹本越路太夫と二代野澤喜左衛門による演奏の録音(CD「義太夫選集 竹本越路大夫」所収)がありますが、近年文楽での上演は行われていません。平治の乱に敗れた源義朝の妻子、常盤御前と幼い三兄弟は大和路を逃げ行き、平家の家臣、弥兵平衛宗清は、忠義に心を縛られながらも常盤親子を見逃がします。段切れでは「源氏の運開くる末こそ目出度けれ」と源氏の行く末を寿ぐ、大変お目出度い演目です。
この度も竹本駒之助師のお力添えをいただき、3日間精一杯勤めさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。