女流義太夫演奏会 2月公演
重要無形文化財義太夫節 第37回伝承者研修発表会

開催日 
2018/2/21  
(18時開場) 18時30分開演
会 場 
国立演芸場  
入場料 
3,000円
会員・学生・障がい者手帳をお持ちの方 2,000円
全席自由
※当日券には限りがございますのでご予約をおすすめいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

演目・出演

絵本太功記
 「妙心寺の段」
 浄瑠璃:竹本 越孝
 三味線:鶴澤 駒治

「夕顔棚の段」特別指導 豊竹嶋太夫
 皐  月:竹本 綾一
 操・光秀:竹本 京之助
 十次郎・初菊:竹本 越里
 久吉・百姓共:竹本 寿々女
 百姓共・家来:竹本 孝矢
 三味線:鶴澤 津賀花

「尼ヶ崎の段」
 光  秀:竹本 土佐子
 皐  月:竹本 越若
 操   :竹本 越京
 十 次 郎:竹本 土佐恵
 初  菊:竹本 越春
 久  吉:竹本 佳之助
 三 味 線:鶴澤 津賀花

主催

義太夫節保存会/一般社団法人義太夫協会

後援

公益財団法人 日本伝統文化振興財団

助成

文化庁/東京都

お問い合わせ

一般社団法人義太夫協会
TEL:03-6265-1880 メール:email hidden; JavaScript is required
ホームページ:www.gidayu.or.jp/

公演目的・ひとこと

女流義太夫演奏会2月公演は、義太夫節の技芸を次代に伝えるため、日々稽古に励む若手の研修成果をお聴きいただく公演でございます。今回は、人間国宝豊竹嶋太夫師を講師に迎え、絵本太功記から「夕顔棚の段」を研修演目といたしました。義太夫節保存会の会員である先輩演者の演奏とともに、絵本太功記をたっぷりとお楽しみいただきます。