この公演は終了しています

平家物語と箏・三弦の世界[新しいパースペクティブによる日本伝統音楽シリーズ Ⅰ]

開催日 
2012/9/19  
午後7時
会 場 
コンサートサロンパウゼ(カワイ表参道)
入場料 
2,000円
※お席に限りがありますので必ず事前にFAX又はメールにて氏名・枚数・返信FAX番号(又はメールアドレス)を明記してお申し込み下さい。先着順にて受付いたします。
受付後1週間以内に確認FAX・メールを送信いたします。お席は自由席となります。
入場料は当日お支払いください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
12_0919c.jpg
12_0919d.jpg

出演:米川敏子、亀山香能、吉田敏乃、鈴木真為、山木七重、江藤敏典/お話:薦田治子
曲目:三味線組歌「琉球組」、山田流箏曲「小督曲」、地歌箏曲「八島」

主催・問合せ:特定非営利活動法人 日本音楽国際交流会(FAX 03-3962-1553 メールはemail hidden; JavaScript is required
特定非営利活動法人 日本音楽国際交流会ホームページ www.jtmusic.org/
協賛:公益財団法人 ロームミュージック ファンデーション、カワイ音楽振興会
後援:有限会社邦楽ジャーナル、公益財団法人日本伝統文化振興財団

公演目的・ひとこと:
 琵琶法師の語る『平家物語』は、後の日本の芸能にさまざまな影響をあたえました。
 江戸時代に地歌や箏曲にかかわった検校や勾当たちは、表芸として平家琵琶を学んでいました。
 今回は、三味線組歌に平家琵琶によく似た奏法が用いられていることを聴いていただき、また、『平家物語』に取材した地歌箏曲と山田流箏曲を取り上げて聴き比べをしてみたいと思います。
 本公演は、主催者が企画するシリーズ「新しいパースペクティブによる日本伝統音楽シリーズ」の第1弾となります。第2弾は平成25年2月に企画しています。(主催者)