この公演は終了しています

日本音楽集団 第206回定期演奏会 「箏 温故知新 十三絃箏の過去と未来」

開催日 
2012/7/13  
午後7時
会 場 
津田ホール
入場料 
4,000円(全席自由)
このエントリーをはてなブックマークに追加
12_0713a.jpg
12_0713b.jpg

出演:助演:三浦礼美(笙) 指揮:田村拓男/稲田康 他、音楽集団団員
曲目:三木稔作曲「ダンスコンセルタント第1番〈四季〉」(1973)/高橋久美子作曲「箏四重奏曲 みみらくの島」(2009年)/秋岸寛久作曲〔委嘱新作〕/光崎検校作曲「五段砧」/伊福部昭作曲「郢曲 鬢多々良」(1973年)
主催・問合せ:特定非営利活動法人 日本音楽集団
(電話:03-3378-4741/FAX:03-3376-2033/メールはemail hidden; JavaScript is required
日本音楽集団 ホームページ promusica.or.jp/
後援:公益財団法人日本伝統文化振興財団

公演目的・ひとこと:
 旧来より伝統的な形状を維持している「箏(13絃)」に焦点を当て、秋岸寛久による委嘱新作とともに、楽器の可能性を探求します。新作の編成は、三曲の標準的な編成で一般愛好家・学生への伝播も期待できるものとなっています。(主催者)