この公演は終了しています

第5回 JIUTA 地歌 藤井昭子

開催日 
2012/3/28  
昼夜2回公演【昼の部〈日本語解説公演〉】15:00開演【夜の部〈英語解説公演〉】19:00開演
会 場 
文化総合ホール大和田伝承ホール(6階)
入場料 
昼の部〈全自由席〉一般 3,000円 小・中・高校生無料招待(同伴保護者無料)夜の部〈全自由席〉3,000円
このエントリーをはてなブックマークに追加
12_0328a.jpg
12_0328b.jpg

《応募方法》:
住所・氏名・電話番号をご記入の上、ハガキ、FAX、Eメールでお送り下さい。
3月21日(水)当日消印有効
応募者多数の場合は抽選とさせて頂きます。
《応募ハガキ送り先》:
〒152-0013 目黒区南1-5-15-110 藤井昭子宛
《応募FAX番号》:
03-6421-1524 藤井昭子宛
email hidden; JavaScript is required
出演:藤井昭子(歌・箏・三弦)、滝澤郁子(歌・箏・三弦)
渡辺明子(歌・箏・三弦)、塚本徳(歌・箏・三弦)、安藤啓子(歌・箏・三弦)、高橋翠秋(胡弓)、徳丸十盟(尺八)、徳丸ゆいの(箏) ほか
曲目:箏曲「六段」、胡弓本曲「千鳥の曲」、尺八本曲「鹿の遠音」、箏曲「五段砧」、箏・尺八合奏「春の海」、地歌「黒髪」、三弦合奏「尾上の松」

主催・問合せ:藤井昭子(電話:03-6421-1514/Fax:03-6421-1524/メールはemail hidden; JavaScript is required
後援:日本伝統文化振興財団

公演目的・ひとこと:
 「Jiuta 地歌 藤井昭子」公演は、機会の少ない地歌箏曲の古典演奏を生でお聴き頂くことに加えて、原則的に緞帳を下ろして行う舞台への出入り、楽器調整、挨拶作法など、演奏に関わる様々な所作事・立ち居振る舞いを直にご覧頂くことを通じて、日本の伝統文化の真価の一端を海外の方々に紹介し、ご理解を頂くことを願って企画致しました。
 開催に当たりましては、和文解説に加えて英訳を掲載したパンフレットを用意するとともに、徳丸吉彦先生(放送大学客員教授・お茶の水女子大学名誉教授)と有澤知乃先生(東京学芸大学教員)に、地歌箏曲の歴史、楽器の特性、各楽曲の紹介、演奏者紹介などの全て英語で舞台解説頂いております。
 今回の第5回公演開催に当たっては、前回と同じく、昼の部は小中学生、高校生を対象とした日本語解説による公演とし、夜の部が英語解説とする、昼夜二回公演として開催させて頂きます。
 この公演では地歌箏曲の代表的な曲目をプログラムに選んでおりますが、外国の方々よりも古典地歌箏曲に触れる機会が少ないと思われる日本の小中高生にも是非聴いて欲しい内容だと考えております。昼の部の小中高校生と同伴保護者は無料招待と致します。ご応募をお待ちしております。(主催者)