この公演は終了しています

ごぜ唄が聞こえる2014

開催日 
2014/2/21 〜22 
21日14時〜/19時〜、22日14時〜(全3回公演、開場は30分前)
会 場 
BroaderHouse(ブローダーハウス)  
入場料 
2,800円
このエントリーをはてなブックマークに追加

出演

萱森直子(越後ごぜ唄)、小野広子(朗読)

曲目

祭文松坂 他

主催

BroaderHouse

後援

公益財団法人 日本伝統文化振興財団

お問い合わせ

BroaderHouse 荒木明子
email hidden; JavaScript is required

公演目的・ひとこと

 ブローダーハウス恒例の瞽女唄公演は今年で7回目を迎えます。毎年2月、近隣の羽根木公園の梅まつり時期と重ねて、最終週末に開催しています。
 何百何千の瞽女さん達が口頭伝承で繋いできた瞽女唄。民衆の培ってきた日本の誇るべき伝統芸能を、我々の代で消してはならないという思いで、年に一度ブローダーハウススタッフが一丸となって取り組んでおります。日本にこんな芸能があったことを知っていただきたい、少しでも多くの方々の耳に心にお届けしたいと思っています。
 瞽女唄と聞くと・・・陰気くさい、暗いというイメージをお持ちの方が大変多いです。でも、実際にお聞きになってみてください。面白おかしい曲、洒落た粋な曲、懐かしい民謡、そして瞽女唄特有の祭文松坂。瞽女さん達はお客人を楽しませるために芸を磨き、次の村の人達が楽しみに待っていてくれるから雪深い道も、夏の炎天下も歩を進めることが出来ました。
 長岡・高田両系統の瞽女唄を直接伝授された、現在唯一貴重な伝承者である萱森直子さんをお招きし、50人という小さな会場でごぜ宿の雰囲気を存分に味わいながらお楽しみいただきたいと思います。