第3回青山実験工房~能と琉球芸能~

開催日 
2019/6/24  
(18時00分時開場)18時30分開演
会 場 
銕仙会能楽研修所  
入場料 
一般5,000円(当日券5,500円) 学生2,500円
このエントリーをはてなブックマークに追加

出演

清水寛二・西村高夫・北浪貴裕・谷本健吾・安藤貴康
松田弘之・鳥山直也・柿原弘和
嘉数道彦・川満香多・佐辺良和・山城亜矢乃 ほか
新垣俊道・入嵩西諭・玉城和樹・仲村逸夫・名嘉ヨシ子・宮里和希・森田夏子・和田信一

曲目

「東北」と「軒端の梅」~組踊始祖・玉城朝薫の仕舞一考察~
 舞囃子「芦刈」
 組踊「花売の縁」

主催

オフィスしみかん・青山実験工房実行委員会・ 一般社団法人ステージサポート沖縄

後援

公益財団法人 日本伝統文化振興財団 ほか ◉

お問い合わせ

銕仙会能楽研修所(平日10〜17 時)
TEL:03-3401-2285
FAX:03-3401-2313
マルメロ:email hidden; JavaScript is required

関連サイト

銕仙会 www.tessen.org/

公演目的・ひとこと

「青山実験工房」は、かつて能舞台から現代の音楽/表現と能楽の可能性を創造発信する目的で、ジャンルを超えた表現活動を行った「実験工房」に着想を得て、2018年1月に生まれました。
3回めとなる今回は、琉球古典芸能・組踊と能楽の融合する舞台を披露します。沖縄の古典楽劇「組踊」は能の影響を深く受けたといわれ、1719年の初演からちょうど300年を迎えます。
今回の舞台は、組踊を能楽師が演出し、能舞台で上演する効果的な方法の提案に挑戦し、また組踊の始祖である玉城朝薫と能の関わりについて、能と琉球舞踊それぞれの作品を通してアプローチします。