女流義太夫演奏会 6月公演
あの人も義太夫を聴いた

書き残された女流義太夫②
北原白秋・志賀直哉・石川啄木

開催日 
2017/6/20  
18時30分開演(18時開場)
会 場 
お江戸日本橋亭  
入場料 
3,000円
会員・学生・障がい者手帳をお持ちの方 2,000円
全席自由
※当日券には限りがございますのでご予約をおすすめいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

演目・出演

お話:水野悠子

「卅三間堂棟由来」
平太郎内の段
 浄瑠璃:竹本駒之助
 三味線:鶴澤津賀寿
木遣音頭の段
 浄瑠璃:竹本寿々女
 三味線:鶴澤賀寿

「傾城阿波の鳴門」
順礼歌の段
 浄瑠璃:竹本京之助
 三味線:鶴澤津賀榮

「新版歌祭文」
野崎村の段
 浄瑠璃:竹本土佐子
 三味線:鶴澤津賀花
 ツ レ:鶴澤弥々

主催

一般社団法人 義太夫協会/義太夫節保存会

後援

公益財団法人 日本伝統文化振興財団

助成

文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

お問い合わせ

一般社団法人 義太夫協会
TEL:03-3541-5471 メール:email hidden; JavaScript is required
ホームページ:http://www.gidayu.or.jp/

ひとこと

有名作家と義太夫節のつながりにスポットを当てる、2ヶ月連続公演「書き残された女流義太夫」。

後編の6月公演では、女流義太夫に魅了された北原白秋・志賀直哉・石川啄木を取り上げ、女流義太夫研究家・水野悠子氏のお話とともにお楽しみいただきます。

書き残された女流義太夫① 夏目漱石・樋口一葉・正岡子規